ED治療薬メガリスの特徴

話し合っているカップル

メガリスは勃起不全を改善するための治療薬です。
世界三大ED治療薬として有名なシアリスのジェネリック医薬品になります。
先発医薬品のシアリスと同じ成分であるタダラフィルを含んでいてリーズナブルな価格で購入することが可能です。
メガリスは世界中で利用されていて錠剤タイプになっているので使い勝手が便利です。
幅広世代のED治療に対して利用されています。

タダラフィルは他のED治療薬と比べて勃起する持続時間が長いのが特徴で、効果は最大36時間あります。
長く緩やかに効果を及ぼす治療薬で、副作用が少なく金曜の夜に飲むと日曜日まで維持することが可能です。
コストパフォーマンスが高くかなりコストを抑えることができるでしょう。
空腹時に服用すると最大効果を得ることができ、使用方法を守れば食事やアルコールに関係なく勃起効果を得ることが可能です。

メガリスの使用方法は1日に1回1錠剤服用することになり、1日あたり用量は1錠でタダラフィル20mgになります。
薬を服用する場合は水やぬるま湯で飲み、比較的食事の影響などを受けにくい勃起不全治療薬ですが、空腹時に飲んだ方がより高い効果を得ることが可能です。
一度服用し体に成分が吸収されると以後の食事や飲酒などが薬効に悪影響を及ぼすことはなく、先に服用しておくと便利です。
メガリスが向いている人は勃起力を長時間維持させたかったり、性機能障害や勃起不全・中折れを改善したい人におすすめです。
シアリスのジェネリック医薬品を安く購入したかったり、パートナーを満足させ性行為を充実させたい人にも向いています。

メガリスなどタダラフィルが有効成分であるED治療薬にはいくつかメリットがあり、例えば36時間効き目がキープされたり、効き目が穏やかな特徴があげられます。
副作用が出にくかったり、飲酒や食事の影響があまりありません。
他の勃起不全改善薬と比較すると副作用が出にくいと言われていて、飲酒や食事などの影響も一番出にくく約800キロカロリーまでなら影響はないとされています。
お酒を飲み過ぎたり脂っこい物を食べ過ぎるとメガリスの効き目が現れにくいので気を付けましょう。

シアリスで効果が出過ぎるならメガリスを試そう

シアリスはタダラフィルを主成分にしていて、2007年に日本では認可を受けました。
世界で3番目のED治療薬で、シアリスは他のED治療薬と同じくPDE-5阻害剤に区分されていて、他のED治療薬と効果が大きく変わるポイントとして従来のED治療薬の弱点であった副作用や食事の影響などを受けにくくなっていることです。
効果の持続時間が非常に長くなっていて、シアリスは世界で最も処方されている薬と言われています。

シアリスにはいろいろな種類のジェネリック医薬品がリリースされていて、メガリスなどがあります。
これらは種類が違いますが同じ成分で同じ効果を発揮することが可能です。
シアリスとメガリスでは硬さなどに差が出るという情報などが流れていますが、基本的な効果や副作用などはいっしょで利用者の体質やその日に状態などによって異なることがあります。
シアリスとメガリスの製造メーカーは異なりますが、有効成分であるタダラフィルは同じです。
医学的に同じものと証明されていて、服用した時の体調などで効果に差は出ますが理論上差はないことになります。

シアリスとメガリスは製造メーカーが異なるので、パッケージやコーティング剤などの違いはあるでしょう。
人によってはシアリスを服用すると効果が出過ぎることもあります。
その場合はメガリスを試すという方法もあります。
基本的に同じ成分ですがコストを抑えることができたり、量をアレンジすることも可能です。
メガリスで特に副作用が出なかったなら、同じ成分のジェネリック医薬品がおすすめです。

尚、メガリスを飲んでも性的な興奮や刺激などがなければ勃起はしません。
メガリス自体に性欲を高めたり興奮をもたらす効果はなく、効き目が続く限り勃起が続くということもないので安心して利用できます。