• ホーム
  • 喫煙者は特に知りたい!シアリスと喫煙の関係性

喫煙者は特に知りたい!シアリスと喫煙の関係性

喫煙は短時間でリフレッシュできますし、ストレス解消のためにタバコを吸っているという人もいるでしょう。
しかし、健康への被害がかなり大きいため、現在では禁煙運動が進んできています。
喫煙はさまざまな病気のリスクを高めると言われていますが、EDにも関係があるとされているので注意しましょう。

EDで悩んでいる人におすすめなのがシアリスなどのED治療薬を使用するという方法です。
一般的なED治療薬は食事の影響で効果が弱まると言われています。
しかし、シアリスは食事の影響を受けにくいことが特徴です。
また、アルコールの影響も受けにくいため、お酒が好きな人でも安心して服用できるED治療薬と言えるでしょう。

シアリスは安定して効果が得られる優良なED治療薬となっています。
しかし、過剰な喫煙はシアリスで得られる勃起改善力を阻害してしまう可能性があります。
確実にEDを治療したいならタバコの吸い過ぎには注意が必要です。

なぜに過剰な喫煙はシアリスの作用を阻害するのかチェックしておきましょう。
通常は性的な刺激を受けると血管拡張物質である一酸化窒素の遊離が起こります。
この一酸化窒素の血管拡張作用を伝える物質は、喫煙によって発生する酵素によって分解されてしまうということです。
シアリスはこの分解を阻害する効果があるため、一酸化窒素の血管拡張作用をサポートできるという仕組みです。
結果としてシアリスはED改善に役立つということです。

このようなシアリスの作用は血管内皮機能によって成立しています。
そして、喫煙は血管内皮機能を低下させる要因になってしまうということです。
喫煙に含まれる化学物質のがシアリスの作用を直接的に阻害するというわけではありませんが、過剰な喫煙をすることで本来の勃起改善作用が阻害されることに繋がってしまうと考えられています。
喫煙によって血管内皮機能が阻害された場合、結果的にシアリスの作用が弱まることになります。

シアリスの効果を阻害する喫煙以外の要素はある?

シアリスを服用する時には禁煙がおすすめですが、喫煙以外でもシアリスの効果を阻害する要素はあります。
シアリスは他のED治療薬と比べ、食事の影響を受けにくいとされています。
そのため軽い食事を摂った後に服用しても効果が得られるということです。
しかし、全く影響がないというわけではありませんし、空腹時に比べると効果は低下してしまうということです。
薬の効果を高めたいならやはり空腹時に服用した方が良いでしょう。

シアリスは効果の持続時間が長いため、食事の前に飲むこともできます。
服用してから食事をする場合、すぐに食べてしまうと薬の成分がしっかり吸収されなくなってしまいます。
服用して30分以上経ってから食事を摂ることがポイントです。

また、シアリスは脂ものを食べてから使用すると効果が出にくくなってしまうことがあります。
脂を多く摂取した場合、小腸に油膜が張り付くことで有効成分がきちんと吸収されなくなってしまうということです。
もちろん外食などで脂ものを避けられないケースもあるでしょう。
その場合は先に服用を済ませておくのがおすすめです。

シアリスは食事の影響をあまり受けないED治療薬であり、アルコールの影響も受けにくいことが特徴です。
少量の飲酒ならリラックス効果も得られるでしょう。
EDは精神的な問題が関係していることも多いため、リラックスすることでシアリスの効果が高くなる可能性も考えられます。
そのため少量のアルコールなら摂取しても良いでしょう。

しかし、アルコールを過剰摂取した場合、EDを悪化させてしまうこともあります。
アルコールには神経伝達を鈍らせる作用があるため、大量に摂取すると性的な刺激が上手く伝達しなくなってしまうこともあると言われています。